新米投資家ねっくの徒然日記

米国高配当株・米国ETF・つみたてNISA(S&P500等)・配当金を中心に ”金の卵”を生産中です。『今日が人生で一番若い日』 30歳からでも資産運用は遅くない! ありのままに自分の経験を記載します。育児の体験談や日々浮かぶ考えなども書きますので、誰かにとっての良いきっかけ・材料になりますように。

【投資って怖い?】同僚の後輩との会話で感じた3つのこと

皆さんこんにちは。

 

今回は【投資って本当に怖いのか?】をテーマに

自分が何故投資を始めることが出来たのかを交えて

書いていきたいと思います。

 

さて、後輩(Aと称しておきます)との会話は、以下のような流れでした。 

【他愛ない雑談中】

A『PS5が欲しいです!中々手に入らないんですよー!

見つけたら即買いです!VRゴーグルも手を出そうと思います笑』

私『景気が良いねー笑 そんなにゲームやら、毎日外食してお金あるの?笑』

A『いやー、あんまり貯めてないですねー苦笑 どうしましょ?笑』

私『投資とかしないのかい?』

A『え?投資ってなんか怖いですよ笑

今後のためにやっぱり頑張ってお金貯めます笑』

(口語でのざっくり記載なので、日本語が変なのはスルーしてください)

 

この会話で『大多数の人にとっては投資は未知のものであり、

怖いものなのだな』と感じ、特に以下3つについて強く思うところがありました。

 

①投資って怖い

⇒彼の言い回し的に『投資の世界は自分には関係ないもの』、

『給与所得が自分の人生の全て』という感覚がベースなのだと感じました。

だからこそ、興味も持たないし、メディアで流れる漠然とした情報のみが

頭に入っていき、『怖いもの』として形成されているのでしょう。

⇒私も彼と全く同じことを思っていました。

しかし、何故変われたのかは下部に記載します。

 

②今のところ困っていない

 ⇒Aくん(20代後半)は実家暮らしのため、支出内で生活費が占める割合が少なく、

今のところ不自由していないようです。(それどころか実家にお金を入れていない可能性も…笑)

⇒同じ職場なので、彼同様に切迫した感覚はありませんが、

『給与所得だけで将来家族を養えるのか』という不安が年々大きくなっていました。

30歳を過ぎ、娘も産まれ『何かしないと』という焦りが心に広がっていたのを覚えています。

 

③周りで投資している人がいない

⇒これは私の感覚ですが、社会の空気的に『俺、投資してるねん!』と

言いにくないですかね?苦笑

つまり、周りに誰もいないのではなく、【やってるけど、わざわざ言わない】。

そんな人が少なくないのでしょう。私もAくんに最後まで言えませんでした。

ちなみに、私も周囲で投資をしている人は聞いたことありません。笑

 

ここまで記載して感じるのが、私とAくんとの違いは

ほとんど無かったということです。

 

では、何故変われたのか?家族が増えたのも根っこにはありますが、

一番大きいのはリベラルアーツ大学(リベ大)と出会えたから』です。

liberaluni.com

 

ある日を何気なくネットを見ていて、リベ大のHPにたどり着きました。

第一印象は『なにこれ?』でした。しかし、何日かかけて中身を見て、

『悪くないんちゃう?』という印象に変わり、完全に変わったのは、

運営した理由を読んだ時でした。

何点か書いてありますが、”自分たちの考えを証明してみたい”という

理由に衝撃を受けました。

『理想だけじゃなくて、ちゃんと自分の欲求も満たしてる!』

と変に感心したのです笑

『自分の為の運営でもあるなら、信用できるな』と完全に落ちました。笑

 

そこから私の投資人生が始まりました。

リベ大で『今日が人生で一番若い日』この言葉で全てが変わりました。

リベ大の内容を自分なりに解釈して理解し、納得した上で

第一歩を歩み出したのです。

 

この記載が誰かの背中を押せるなら嬉しいです。

 

では、失礼します。