新米投資家ねっくの徒然日記

米国高配当株・米国ETF・つみたてNISA(S&P500等)・配当金を中心に ”金の卵”を生産中です。『今日が人生で一番若い日』 30歳からでも資産運用は遅くない! ありのままに自分の経験を記載します。育児の体験談や日々浮かぶ考えなども書きますので、誰かにとっての良いきっかけ・材料になりますように。

【投資の必要性】全国民が投資の勉強を受けたほうが良い

皆さんこんにちは。

 

今回は、シンプルに『投資の勉強をして不労所得を得たら、消費が増えて

景気が良くなるのでは?』という主張です。笑

 

現在、私は不労所得での月3万円ゲットを当面の目標に日々取り組んでいます。

もちろん日々の生活を楽にしたいのもありますが、金銭面での我慢を家族にさせたくないのです。(例:外食行きたいけど、給料日前だから今度にしようか、みたいな)

外食に行きたいなら行く、旅行に行けるなら行く、娘がしたいことがあるならさせる、

等々、『お金が足りないから選択肢が消える』というのはさせたくないと思っています。

 

少し話が逸れました。

何が言いたいかと言うと、

①今銀行に預けている預貯金を精査。余裕資金を投資に回し、

②日々の生活を見直して節約。支出を減らす。

③その余裕資金や月々で浮いたお金で、インデックス投資や高配当株を少しずつ購入。

④この繰り返しでいずれは労働収入を超える不労所得が手に入る。

 

というプロセスを皆が理解すれば、

 

不労所得は将来の備えにもなるため、不安が和らぐ

②自分の生活を豊かにするために消費をする

③経済が動き出して消費が増える

④景気が回復する 

 

となるのではないでしょうか。

…世の中、そんな単純じゃないか。

 

おそらく最近あったチャンスはNISA・つみたてNISAがCMで

バンバン出ていた頃でしょうか?

 

あのタイミングで、一歩を踏み出せた人は今結果が出だしている

のでしょうし、見送った方は今も変わらないのでしょう。

 

私ですか?ガッツリ見送りました笑

だって投資って怖かったんですもの…苦笑

 

今は勉強してある程度の知識が付いたので投資をしていますが、

願わくば、義務教育で金融リテラシーを学ぶ機会が欲しかったですね。

きっと、新社会人になった直後からつみたてNISAをしていたでしょう笑

 

今後の義務教育でも『金融』という授業は入ってこないでしょうから、

娘にはお金の教育をしっかり行いたいと思います。

 

では、失礼します。