新米投資家ねっくの徒然日記

米国高配当株・米国ETF・つみたてNISA(S&P500等)・配当金を中心に ”金の卵”を生産中です。『今日が人生で一番若い日』 30歳からでも資産運用は遅くない! ありのままに自分の経験を記載します。育児の体験談や日々浮かぶ考えなども書きますので、誰かにとっての良いきっかけ・材料になりますように。

【閑話休題】今日を調べたら、思いがけない知識の再充電が出来ました。

皆さんこんにちは。

 

今日はいつもとテイストを変えて書いてみます。(ネタ切れとも言います笑)

 

さて突然ですが、アンパンマンの誕生日ってご存知ですか?

 

もちろん、私もこれで調べるまで知りませんでした笑

 

 

実は、今日(2月6日)なのです。

 

ご存知の方は、かなりのアンパンマン通ですね!

調べてみると、作者であるやなせたかし先生が子どもにアンパンマンの誕生日を

質問された時に、決めていなかったためご自身の誕生日に合わせたのだとか。

意外なエピソードに少しほっこりしました笑

 

そんな感じでつらつらと調べを進めていると

天下人である豊臣秀吉の誕生日も今日なのですね。

大阪人には身近すぎて逆にエピソードを調べない(?)秀吉ですが、

意外とエピソードが多いのですよ。

 

特に有名なのが、当時の主である信長の草鞋を温めていたエピソードでしょうか。

~冬のある日、信長が草履を履こうとすると温かったため、秀吉に『さては、尻にしいていたな?』と聞きました。すると秀吉は『いえ、信長様が寒くないように腹で温めておきました』と答え、腹の草履の跡を見せたのだとか。それに感心した信長は以降秀吉をめにかけるようになった。~

 

あと私が知っているのは、現代にも通用するアイデアを用いて急ピッチで城を修復した話ですね。

~清州城(現在の愛知県にある信長の拠点の一つ)のお堀が壊れた時に、担当者が約20日でも修復出来ていない工事を、秀吉が3日で完了させると言ったのだとか。そのカラクリは①作業員のチーム分け、②各チームごとの修繕担当場所の決定、③各チームで完成までの競争させ、1位のチームに賞金を出す、というものだった。その結果、見事お堀は宣言通りに期間内で修繕された。~

 

これって現代の企業でも普通に使ってるアイデアですよね。

特に賞金ってのが良いですね。皆お金が欲しいのは、今も昔も変わりませんよ。

 

あと個人的に秀吉が好きな点は人の心を掴むのが上手だったことですね。

部下がミスをした時に、逆に褒める・労う。

こんな対応されたら、尽くしたい!次こそは挽回してやる!って思ってしまいます。

 

自分が上司になったら、秀吉タイプになろうと決意しました笑

 

では、失礼します。