新米投資家ねっくの徒然日記

米国高配当株・米国ETF・つみたてNISA(S&P500等)・配当金を中心に ”金の卵”を生産中です。『今日が人生で一番若い日』 30歳からでも資産運用は遅くない! ありのままに自分の経験を記載します。育児の体験談や日々浮かぶ考えなども書きますので、誰かにとっての良いきっかけ・材料になりますように。

~役に立つ”ことわざ”3選~投資家的捉え方について

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/N/N_E_K_K/20210930/20210930122204.png

 

皆さん、こんにちは。

 

昨年から投資を始めてから、度々”ことわざ”の捉え方が変わってきたなと

感じていたのですが、ふと今日浮かんできたのでブログネタにしました。

 

ということで、3つの”ことわざ”について書いていこうと思います。

 

 

①時は金なり

本来の意味はご存じかと思いますが、

時間はお金と同じくらい大切、だから大事に使おう

という意味ですね。

 

しかし、今の私の場合は以下のように捉えています。

(投資信託だと)時間が勝手に複利を増やしていく

(株主優待だと)時間が勝手に優待にボーナスを付けてくれる

(iDeCoだと)時間が勝手に将来の年金を作ってくれる

(貸株だと)1日ごとにお金がチャリンチャリン

 

つまり、時間はお金と同じくらい…ではなく

時間=お金そのもの!です。

 

②百聞は一見に如かず

本来の意味は

人に100回聞くより、自分で1回見たり体験する方が分かる

という意味ですね。

 

私の捉え方は

投資のことに興味があるけど怖いなら、

(動ける+騙されない程度の勉強をした上で)少額で始めた方が理解できる

です!

習うより慣れよ、にも通じますね。

 

③案ずるより産むが易し

②と少し重なりますが、本来の意味は

動き出す前は色々心配が多いが、やってみると案外簡単に出来るもの

という意味ですね。

 

私の捉え方は

投資ってやってみると、(ものによるけど)そない難しくないよ

です!

 

投資が怖いからやりません!ってのも立派な意見です。

しかし、勉強せずにイメージだけで拒否しているなら勿体ないですよね。

 

投資に対して、「何が怖いのか?」「何が引っかかっているのか?」を

考えてみると案外、動き出せる答えになるかもしれませんね。

 

ちなみに私は日々、『時は金なり』を実感しています。

 

では、失礼します。