新米投資家ねっくの徒然日記

米国高配当株・米国ETF・つみたてNISA(S&P500等)・配当金を中心に ”金の卵”を生産中です。『今日が人生で一番若い日』 30歳からでも資産運用は遅くない! ありのままに自分の経験を記載します。育児の体験談や日々浮かぶ考えなども書きますので、誰かにとっての良いきっかけ・材料になりますように。

【子どもの為に】優しい”うそ”のお話。

皆さんこんにちは。

 

朝方に頭の中ではネタが少し浮かんでいたのですが、お昼に見つけたツイートで

全てが吹っ飛びました。目次も体裁も構成も完全に何も浮かびません。

まずはそのツイートをご覧ください。

 

 

お父さんの優しいうそに、とても胸が締め付けられます。

 

お子さんに対してこの

「おとうさんはちょっととおいところで
しごとをすることになったから、
おかあさんとげんきにすごしてね。」 

 という言葉を伝えるときの心中は想像すら出来ないくらい

悲しかったでしょう。理不尽な運命に絶望していたでしょう。

 

でもそれを感じさせない伝え方をして、それをお子さんがしっかりと受け止めている。

 

果たして自分が同じ境遇に立たされたとき、同じように残せるだろうか。

 

とても考えさせられました。

 

今この瞬間に寝息を立てている愛娘、愛する妻。彼女たちに自分の何が残せるのだろうと。

 

今すぐに名案は浮かばないし、答えなんかないのかもしれない。

 

それなら、せめて後悔の無い今日を生きたい。

 

妻に対して「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」「大好き」「愛している」

普段から口にしているが、それ自体に慣れてしまっていたのかもしれない。

 

もう一度、心から伝えていこう。今日が最後の日かもしれないから。

 

娘に対し可能な限り、全力で相手をしよう。

例え、頭で覚えていなくても心の一部にこびり付くくらいに。今日が最後の日かもしれないから。

 

ずっと元気に生きていたい。妻と一緒に老後を迎えたい。娘が大きくなって一緒にお酒を飲んでみたい。

あわよくば、娘の花嫁衣裳を見てみたい。

 

別に今すぐ病気になる訳でもない。今すぐ死ぬ訳でもない。

ただ唐突にその瞬間が訪れる。

 

その瞬間に、後悔しない毎日を積み重ねていたい。

感謝の気持ちで終わりたい。

 

どうか、どうか、

今日を当たり前に思わないで。

明日が来ることを当たり前に思わないで。

将来は絶対じゃない。自分が生きていることを大前提として考えすぎないで。

 

「万が一」、ということが、この世には「千が一」程度にはあり得ると思っておこう。

 

突然車が来るかもしれない。何かが落ちてくるかもしれない。

天変地異が起こるかもしれない。何があるか分からない。

 

でも悲観的になれってことじゃない。

ただ、後悔しない日々を積み重ねていけば「万が一」の時に後悔しなくて済む。

それを不謹慎と思わずに考えてみても良いってこと。

 

ブログ書きながら泣いたの初めてだわ。

 

では失礼します。