新米投資家ねっくの徒然日記

米国高配当株・米国ETF・つみたてNISA(S&P500等)・配当金を中心に ”金の卵”を生産中です。『今日が人生で一番若い日』 30歳からでも資産運用は遅くない! ありのままに自分の経験を記載します。育児の体験談や日々浮かぶ考えなども書きますので、誰かにとっての良いきっかけ・材料になりますように。

【「今週のお題」企画】いつから”自分が大人である”ことを自覚したのか

皆さんこんにちは。

 

今回は、『今週のお題「大人になったなと感じるとき」』に乗っかって

書いていきたいと思います。

 

私が大人になったと感じた時…。

大学入学時は『まだ10代やもん』ってことで大人という感覚は0でした。

初めてそれを感じたのは、20歳の誕生日、並びに成人式に出席したときですかね。

法律上、完全に大人扱いなので少しだけそれを自覚し出しました。

でも完全ではありません。

 

就職活動が動き出した時あたりから、ようやく『あ、もう半分以上大人扱いか』と

思い『悪いことできへん』って感じたのを覚えています笑

 

恥ずかしながら、自分が完全に大人だと思ったのは実家を出た後です。

なんせ実家で暮らしていると幼い自分と同じ生活リズムで親が起こしてくれます。

成人の自分と未成年の自分との間で何も変わらないため、大人になったと

感じられませんでした。実家は楽だったな…苦笑

 

その後結婚し、娘が産まれたので自分が子どもに戻ることは無いと

思っているのですが、奥さんからは『子どもみたい』と度々言われてしまいます苦笑

 

男のほうが精神年齢が低いからなのですかね?

『まだまだ若い』とか思ってしまって、変に若者ぶってしまうのは…。

時の流れに逆らって昔に戻ろうとする行為自体がもう子どもっぽいのかも…。

 

しかし、娘に見える姿は”カッコイイ大人”でありたいと思います。

世の中、そんな大人ばかりではありません。

ニュースを見ていると夢も希望も涌いてこないかもしれません。

そんな中『両親だけは尊敬できるカッコイイ大人だ』と思ってもらえるように

だらしない身体を絞り、家庭の時間を最優先し、お金を増やし、一緒に勉強し、

笑いの絶えない家庭を築き続ける。

これを続けていき、娘に父親と母親の背中を見せていきたいと思います。

 

どうか、まだ子どもである娘にとって、将来が幸せな未来と平和な世の中で

ありますように。

 

あー、このブログを後から振り返って娘の結婚前夜とかに号泣するんだろうな…笑

 

では失礼します。